最後の挑戦◆自分の”無力”を受け入れ、覚悟を。不安と共にでも前へ【キャリア迷走ストーリー第1章 完結】

◆◆マリエのキャリア迷走ストーリー◆◆

 全10編! これまでのお話はこちら。

①ストレスの限界◆先生なのに不登校!?見えない未来…

②環境を変えようと思うも惨敗◆小学校・特支・海外・育休、閉ざされる道

③天職探しの道◆起業という選択肢が自分の人生に降り立った

④インターンという光◆CRAZY WEDDING◆夢への興奮と躊躇

⑤東京往復1万km◆”可能性”と”答えの場所”を求め続けて

⑥退職への葛藤と周囲の全面的否定◆小泉さんから英語をとったら何が残るの?

⑦自由と経済的不安◆成功するはずの自分だけを頼りに、バイト掛け持ち生活

⑧起業塾への期待と挫折◆全てを失った気がした卒業式から孤軍奮闘

⑨起業塾ふたたび◆人生の迷路・全てを辞めてしまいたくなった日々




一旦、クズみたいになりました。

好きな時間まで寝て
ちょっとバイト行って


これ以上、策が見当たらないし
同時期に起業して行った仲間たちは
どんどん活躍の場を広げて行っているし

もう、話しても私ついてけないし。




スネ夫かーーい

頑張ったのに。わたし、
がんばったのに。

みたいな。



寝てるか、悩んでるか、みたいになってた。


どうせ
と言いながら、諦める方向に行くのは
簡単だった。


それでいいの?  と自問する声を
納得させながら。



ただの3年寝太郎みたいなやつになってた。

ふくよかさも このくらい。



だから、本当に
誰にも今どんな仕事をしているかなんて
話せなかった。



久しぶりに会う友達、「マリエ最近何してるの?」

非常勤の職場で、「応援するよ?どんな仕事?」

親「どうするんだ、これから」

教え子「先生、最近何してんの?」


・・・


だから。。




何にもしてないの!

何にもしてないんです!

いや、

何にもなってないんです!




テテーーーン


・・・私って、ここまでの人間だったんだっけ?



まぁ、こんなもんなのか。

でも、どこかにまだ答えがあるかも。

チャンスがあるかも。

もっと簡単にうまくいく方法を
あちこちで見る。



いいなぁ

ゆるふわキラキラしてる人たち、
軽やかに成功しているらしい。

いいなぁ。。。。。。



心のままに生きるってなんだろう
楽そう。

それいいなー





そういえば私、教え子たちに
人生には、こんな生き方の選択肢もあるんだよって
伝えたいって意気込んでたけど



今のこの「生き方の選択肢」見せたら
1番なりたくないやつじゃん!ウケる!



あぁかわいそうな状況になったもんだなぁ…

私にはもう何にも無いよ〜


せっかく教員免許とって教員採用試験受かって
自分で捨てちゃったよ


その先にあったのは、キレイになってしまった通帳と
だらけたバイト生活だよ

いっぱい頑張ったのになぁ

無理なのかなぁ


もうやだよ。

もうやだよ。



うぇーんうぇーん

うぇーんうぇーんうぇーん

(悲劇のヒロインて、観衆いなくても
やってられるあたり、プロだよね。)




ずっと、かわいそうな顔して泣いてました。





もう本当に、過去最低レベルの「私」。
(それでも丸ごと支えてくれていた彼には死んでも感謝)




そんな時、縁あって出会ったのが

ゆるふわしてない女性社長さんでした。

株式会社STELLAの 遠刕智恵子さんです。




彼女と出会い、私は、自分の力のなさを突き付けられました。


とても、いい意味で。


私には、本当に「英語をとったら、何もなかった」んです笑
先生は、授業しかできなかった。



なのに、

現場から逃げたい気持ちばかりで
どうして、「起業」なのか
自分は自分のどんな力で、社会に貢献していくのか

深く深く深く、深くは 

考えてはいなかったんですね





辞める前に考えとけよもう〜!!

起業というのは、当然、
自分の仕事を興すということで
全ての責任を負って
事業を動かしていく経営者であるわけで




それは、それは

意思と覚悟の伴うものだった

のに。



辞めたらなんとかなる?わけないからさーー



彼女は、言いました。

「中身のない仕事は、消えていくよ。」
と。




公務員で、ずっと「お金」に無頓着だった私には
ビジネスというものの骨格も、土台も、
戦略も戦術も、実際は身についていなかった。



とにかく、情熱だけで、お客様に体当たりしてきた
数ヶ月の起業生活だった。



消える…てか消えそう…



ただ、「マリエさんの情深さには感銘を受けているし
奮闘も認めてる。必ず本物になるはずだ、と思っているよ。」

「それに、スキルはつけていける。」


と彼女は言ってくれて、


私のビジネスへの考え方を、根本から叩き直してもらうことになった。





結果、…やっぱり最もつまづいたのは

「なぜ、起業するのか」が自分の中で
腑に落ちるまでの時間だった。



それは、覚悟を決めるという意味でもあった。





いつも豆腐メンタルにやられるのは
ここが、なかったからだった。


働き方・生き方にはたくさんの道があるのに
転職ではなく。
専業主婦でもいいのに
いま、もう教職に戻ってもいいのに。


やりたいことは週末にやって、
平日は最小限に仕事をする生き方もあるのに。



それでも、いまこの道を選ぶ理由は?






私は、自分の人生を諦める生き方を
やっぱりしたくなかった。

自分の能力を最大限活用する生き方を
していきたいと思った。



たぶん、まだ自分のことを信じてるんだ。




一度は(ごめん何度も笑)やめたいと言った起業の道だけど
私は
教員をしていたころの苦しかった自分が
今の自分を見て



「なんだ、学校で働く以外、やっぱり無理そうだな」

下を向きたくなるような存在になりたくない。





あの頃の自分が見て、
そう、そうなりたかった!!と
思えるような存在になりたい。



そして、あなたが、同じように
現場で苦しんでいるのなら
マリエにできたなら、
私もできるんじゃないか



そういう生き方も、ありなんだ。



そう思えるような ひとつの希望になりたい。



全然キラキラもしていないし
ゆるふわしてないんだけど。
自分の想いをベースに
世の中に価値を生み出していく生き方を。



3年寝太郎が 起き上がって
何ができるのかという
人生をかけた実験。





私の想いはプロフィールの通り

元公立中学校教員”自分自身のキャリア教育”を見つめ直した末制限の中にある夢や目標に、満足できない自分に気づき本当にしたい生き方を実現するため、退職して起業。4回の入退院・毒親問題・働き方への苦悩を越えて「大切な人とのつながり」が深まると人はより穏やかに、より強くなれると実感するようになる。現在は、その思いをベースに、「一度のサプライズイベントで人生を劇的に好転させる」 をコンセプトにイベントやサプライズの企画・運営を行っている。




今の私のキャリアプラン。

もちろん思っているだけでは
仕事にはなりません。




実際わたしには十分なスキルがないことも痛感していて
イベントをする時には
お客様の満足度をあげるために、
本当に価値を感じていただくために、

こちらがサービス内容をどれだけ練り、作り込めるのか
相手はどんなことを求めていて、それが叶えられているのか



もっともっとプロの意識で試行錯誤していかなければなりません。




この考え方があって、学校現場に戻ったら
へなちょこな授業できないなと
思う。



「そんなの追求してたら、いつまでたっても
帰れない、先生の仕事は終わりがないからね」

なんて言ってた頃がなつかしいです。笑




自分で責任持って仕事するなら、
帰れないどころじゃないです。

生きていけないんです。

食べていけない。




ビジネスをし始めて
「お金」は価値との交換 だと実感しているけど



私は、先生をしている時
なぜ自分がお給料をもらっているのか
自分の何を価値と認めていただいて

お金をもらっているのかなんて

だんだん、考えられなくなっていた。





疲れ過ぎていた頃は、
お金いらないから休みが欲しいなんて
思ってた時もあったけど

あの20万30万というお金は
県や地域や保護者や子供達から
どんな期待の込められたお金だったのかなって。




今なら考えられる。

こんなに長い時間働いて、
やることも多いのに
安月給。



って言うのは、やる気のなくなった教員の言い分であって

たぶんあなたの本音は、

こんなに子供たちにしてあげたいことが多すぎて
しかも、私たちにできることの可能性がこんなにあるのに
給料が見合わない、やってられない。



ということなんだよね。






もし、当時の安月給を嘆いていたマリエに
会えるのなら、

「本当の意味で、あなたの提供している価値とお給料が見合っているのか見直しなさい」と。

「”苦しいけどたくさん時間使って我慢して働いてる”ことが、あなたの提供している価値じゃないよ」と

言いたい。






こんなに頑張ってるのに!ぶーぶー
ときっとまた言うだろうけど、
(木綿豆腐マリエだしね。)



がんばってるところが違うんだよ。
と。


さらに、

教育界全体に不満を言ったりする
マリエには

「いや、まずあなたの考え方、
変えられる部分いっぱいあったよね」と。

言いたい。



ま、すねるだろうけどね(スネ夫だしね)




でもまぁ、それもこれも、
初めて家を出て、親のありがたさを知るようなもんで
現場だけにいたら


マジでわからんわ!

ただの苦しい労働環境の枠組みでしかなかったわ!



だから、あなたの気持ちはもう、
本当に
どうにもならない苦しさは本当に、
わかるんですよ奥さん!



わたしは、ようやく、
周りに、長く事業を続けている
本当の会社経営者さんたちと
ご縁をいただくことが増えてきて

身が引き締まる思いで
頑張っています。




イベントで関わらせていただいている

Tamago corporationの吉岡博之シェフや

かわいいエプロンelegranceの加藤なぎさ社長もその一人。




もちろん、最初は
ゆるふわしてキラキラ生きたかった。


ただそれだけだったんだけど
そういう起業女性の現状も裏側も
たくさん見てきた今。



自分の本当のしあわせ
自分の心が求めていること
自分自身の人生設計

プライベートだって
時間もお金も

たくさん向き合いながら
その都度更新しながら

それを体現していけるように
生きてみる。



全て含めて、キャリアプラン。




不安はあります、もちろん。
怖い気持ちもたくさん。

だけど、覚悟を決めて
自分のありたい姿を明確にしたから
そこまでの道を、描いて
一歩一歩進むのみ

1日0.1でも進むのみ。





今後、どうやって道が変わっていこうと
ライフステージが変わろうと
毎回、ありたい姿を更新し、捉え直し
そのための道筋を描くのみ。







**************

あなたが、
これからどうやって生きていきたいのか
将来どうしたらいいのか

本当に先生なのか
自分は何に向いているのか

何が何だかもう、悩みの渦の中に
入っているのなら

一緒に、あなたの納得する
キャリアプランを考えましょう。




辞めてもいいし
辞めなくても楽しめる。

あなたの人生があって、仕事がある。


同じように全力で悩んで
苦しかった私だから伝えられることがあります。



もやもやしているだけの毎日では
何も変わらないから
また、「1年」が始まっていくから。


あなたの想いを整理していきましょう。







小泉マリエと直接話をしてみたいな

という方は、こちらへ。 

プロフィール
この記事を書いた人
小泉マリエ

学校で働く先生をしあわせにしたい。
時間も、お金も、時間の余裕も。
こころ穏やかに、心地よく働ける女性を増やすために役立つ情報を提供していきます。

小泉マリエ インスタ本気でやってます!フォローすると先生の人生がhappyになる♪
先生のキャリア迷走ドタバタ奮闘記
これ、友達にもシェアしよう〜!
小泉マリエ インスタ本気でやってます!フォローすると先生の人生がhappyになる♪
いつもがんばってる先生に贈るブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました