東京往復1万km◆”可能性”と”答えの場所”を求め続けて【キャリア迷走ストーリー⑤】

◆◆マリエのキャリア迷走ストーリー◆◆

 全10編! これまでのお話はこちら。

①ストレスの限界◆先生なのに不登校!?見えない未来…

②環境を変えようと思うも惨敗◆小学校・特支・海外・育休、閉ざされる道

③天職探しの道◆起業という選択肢が自分の人生に降り立った

④インターンという光◆CRAZY WEDDING◆夢への興奮と躊躇




そして、私はどうしたらいいんだろうと


先生でもなく
クレイジーウェディングでもない
もっと自分が納得できる仕事を
探さなきゃいけない。


焦った。


だって、退職するのなら
来年度の希望調査用紙の
退職欄に◯を付けるのなら



それは秋。


決断しなければ
また来年度も、普通に
教員だ。


また、あの日々が

始まる……


やだった、怖かったし
変化が欲しかった。


だけど、
やめりゃ何とかなるわけじゃない。


辞める理由と
辞めた後の道が必要だった。




焦る、焦る。

いつも生き急いでると言われてきた私

だけど笑

この時期のソワソワもかなりのものだった笑



動くしかない!

答えを!!!!!!!

ヒントを!!!

探し出そう!私の答えを!!



そう言って
もっともっともっと動いた。

東京には答えがあると思った笑


毎週末のように
セミナーやイベントを見つけては
足を運んだ。


静岡じゃ車だけの教員が
Suicaを作った♡!


家で仕事なんて、赤ペンで丸つけくらい
だった私が、MacBookを買った♡!


本田健さんが
人は好きなことを仕事にして生きていける
言うのを聞いて


本田健さんのセミナーは
かなり通った。


初めて申し込みボタンを押すときには
何か悪いことしてるような気さえして

PCの後ろを振り返ったね。


だれもいないよ。



平日は、仕事後に
関連の書籍を読めるのが楽しみで

貪るように  書き込みしながら
読んでいった。



自分の好きなことを仕事にするために

という内容のセミナー。


そこに答えがあると思ってた。



会場には、何百人と人が集まっていて

こんなに、人生に夢を持っている大人って
いるんだ、、、、と
衝撃を受けた。



周りの人と意見交換をする時間では

わたしは、
「思い出作りプランナー」になりたいのです
宣言した。


通訳をしている、スペインから一時帰国中の女性からは、
「貴女みたいに、頑張っている人が大好き。応援しているよ。」と素敵な言葉をたくさんいただいた。



一方で、

会社を経営している男性には
「どうして、思い出作りプランナーというのをやりたいと思ったの」と聞かれ、

幼少期からの自分の棚卸をして
好きで、得意なことだったからです!!!

情熱もあります(o’∀’o)



と伝えると

その程度の掘り方だと、
もしかしたら、それが道じゃないかも知れないね」と。、


今になると

なるほど思い当たる、核心をついた言葉もかけられていた。

その時は、めちゃめちゃショックだったけど。


なにこのオヤジ!きー!
と思ってたけど

さらに、経営コンサルタントの男性に
クレイジーウェディングのことと、
私のやりたい形にならない夢を話していた時は

「マリエさんは、
山川咲ちゃんにはなれないんだよ」

と言われた。


別になりたいって言ってないのに!



なにこのオヤジ!きー!
と思ってたけど


何かに答えを求めて、何かに似せて
何かに頼ろうとしていた私は

きっと見透かされていた。



懇親会では
本田健さんと直接お話もして、質問もした。

「私がこういう生き方、働き方をして
世界が変わってきた時、今の彼と上手くやっていけるのか、、」と聞いた。


わたしは、彼と価値観が変わって、
一緒にいるのにお互いが違和感を感じるようになるなんて
いやだなと思っていたから…


健さんは「最後は、縁があるかどうかということだと、伝えておきましょう」
とまとめて声をかけてくれたけど

(しかし もっといい質問あるやろ!私!)




不安で不安で

私も
東京の往復で疲れ果てていて

(またか)

もちろん、平日授業も生徒指導も分掌も部活もあったしね

もちろん。


彼に、泣きじゃくりながら電話したことがある。

優しい言葉をかけてほしかった。

大丈夫だよ、とか

俺がいるよとか守るよとか、

なんかそんな。



でも、その時は
「泣いてると冷静に話しできないから
また話そう。」

と電話を切られてしまい


わたしは
東京の大きな通りを
涙いっぱいになりながら
キャリーケースをにぎって
コロコロ転がしながら

家に帰った。

(悲劇のヒロインかって)



全力で目も血走って
鼻息荒く、胃腸を壊して
頑張る
私に


目に付いたのは


もっと、力抜いて

頑張らず。というメッセージたちだった…



心屋仁之助さん
Happyさん
ジャネットアウトウッド
ワタナベ薫さん


実際、書籍にも触れて

講演会にも足を運び

CDを聞いたりDVDで学んだり。

で、、、

答えはどこ。



私はどうやって生きていけばいいの

お金と時間がどんどん消えていった。



いや、でも消えるというか
新しい刺激をどんどん取り込んでいて

楽しくもあったけど

でも
一向に
自分の答えが見つからないことに

焦っていた。



そして、
出会ってしまったのです。

宮本佳実さんの著書



「可愛いままで年収1000万円」

というベストセラー本に。

{C1CD4CA9-258A-438E-8CDA-56620C1ECE23}

Amazonでこれを発見し



いやいやいやいやいやいやいやいや….

と不可解な顔をしながらも



クリックするか
迷いながら

んな話が、あるわけないよ
と言いながら


これ批判あるしょー、、
と言いながら


お父さんに怒られる(←)
と言いながら


…人差し指は、すでに
「カートに入れる」をクリックしていたのでした。




キャリア迷走ストーリー⑥

⑥退職への葛藤と周囲の全面的否定◆小泉さんから英語をとったら何が残るの?

へつづく

小泉マリエと直接話をしてみたいな

という方は、こちらへ。

プロフィール
この記事を書いた人
小泉マリエ

学校で働く先生をしあわせにしたい。
時間も、お金も、時間の余裕も。
こころ穏やかに、心地よく働ける女性を増やすために役立つ情報を提供していきます。

小泉マリエ インスタ本気でやってます!フォローすると先生の人生がhappyになる♪
先生のキャリア迷走ドタバタ奮闘記
これ、友達にもシェアしよう〜!
小泉マリエ インスタ本気でやってます!フォローすると先生の人生がhappyになる♪
いつもがんばってる先生に贈るブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました